丸いドラッグ

アトピーは温めるのではなく冷やすことで症状が和らぐ

皮膚に関する病気

植物

原因と特徴

アトピー(アトピー性皮膚炎)は乾燥肌や敏感肌の人や、アレルギー反応を起こしやすい人に多くみられる病気です。症状は皮膚の炎症に伴って痒みのある湿疹が生じ、回復と再発と繰り返すのが特徴です。乳児の場合はアトピーではなく乳児湿疹の場合もあるので経過を良く観察することが大切です。アトピーになる原因はまだはっきりと解明されていませんが、主に、皮膚のバリア機能の低下や免疫の過剰反応、ダニやカビ、ホコリなどのハウスダスト、ストレス、食べ物、石鹸や化粧品などの化学物質が挙げられます。また、遺伝によってアトピー素因がある場合もあります。乳児や小児の場合は食べ物が、大人の場合は環境やストレスが原因となることが多いと言われています。

治療法や悪化を方法

アトピーの治療法は外用薬と内用薬を使って行います。外用薬はステロイド薬や免疫抑制薬と言った薬を使用し患部に塗って炎症を抑えます。内用薬は抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などを使用し痒みを和らげます。ステロイド薬などの外用薬を使った治療は症状が落ち着いたら使用を中断したり、回復具合によって再発に留意しながら徐々に薬を減らしていくと言った方法がとられています。アトピーの悪化を防ぐ為には、まず、汗や汚れをきれいに落とし肌を清潔に保つようにします。また、肌が乾燥していると刺激を受けやすくなり症状が悪化する場合もあるのでしっかり保湿することが重要です。ハウスダストも悪化の原因となることがあるのでこまめに掃除するように心掛けましょう。その他にも肌に合わない化粧品や石鹸なども要因となるので注意しましょう。アトピーは眼合併症やブドウ球菌による感染症、ヘルペスウイルス感染症などの合併症を起こすことがあり特に、眼合併症は放置すると手術が必要になる場合もあるので、早めに医師の診察を受けましょう。